フレームワーク

ビジネス

プレイングマネージャは忙しすぎて無理!を何とかする方法

昨今”プレイングマネージャ”という言葉は有名になりましたが【できる人のところに業務を集めた】というのがほぼ実態かなと思います。 このままでは雪だるま式に作業量が増え、プレイングマネージャは忙殺状態となってしまいます。 その対策として、まだ戦力には乏しいメンバーに実作業をやってもらいながら教育し、最終的にはそのメンバーを後任として残して、マネージャは次のプロジェクトに進める方法についてご紹介します。
ビジネス

MECE(ミーシー)の具体例と使い方

MECEはフレームワークに限らず、物事を正確に把握しようとする時に役立つ基本的な考え方です。 評価・調査対象が【重複なく網羅されている状態】ということです。 何かを評価・調査するにあたって、MECEな状態になっていないと適切な状況把握を難しくします。
ビジネス

OODAループ:フレームワーク

OODA(ウーダ)ループとは、現場での臨機応変さ重きを置いたフレームワークです。 計画を練るのではなく、現状を見てその場で方向性を判断し実行に移すというスピーディな対応ができます。 スピーディで柔軟な対応をできることから、昨今のIT業界など目まぐるしい状況変化の渦中ではPDCAのように計画性を重視する手法より、OODAループのように早く行動につなげる手法の方が適している場合もあります。
ビジネス

PDCAサイクル:フレームワーク

PDCAサイクルとはものごとをよりよく改善していくための基本的なプロセスです。恐らく多くの方が聴いたことのあるフレームワークで、PDCAサイクル自体が取り上げられるのは新入社員研修といった場面が多いと思われます。着実な積み上げが必要な作業ならPDCAサイクルの方が向いてます。
ビジネス

ウィル・スキルマトリクス:フレームワーク

職場で【能力は高いのにやる気を出してくれない社員】逆に【やる気はあるけど成果に結びつかない社員】といった人はいないでし...
ビジネス

SWOT分析(スウォット分析):フレームワーク

SWOT分析は何か明確な目標や課題を設けた上で実施すると効果がでる課題解決法です。 特徴的なのは【内部的...
ビジネス

パレートの法則(80:20ルール):フレームワーク

パレートの法則あるいは、80:20ルール(エイティトゥエンティルール)とも呼ばれます。 イタリアの経済学者ヴィル...
ビジネス

空雨傘:フレームワーク

こんにちは、ちくわぶです。 「空雨傘」という有名なフレームワークがあります。 勉強したところ思ったより深い...
ビジネス

なぜなぜ分析が失敗する【2つの理由】

「なぜなぜ分析」を行っているのに改善活動につながらないという話も聞きます。 色々な要因はあるのですが【よく見かける失敗は2つ】です。なぜなぜ分析は原因究明の手法であることを忘れてる。なぜなぜ分析で意図的に原因を作り上げてしまう。この2つが同時に発生していることもあります。
タイトルとURLをコピーしました