SWOT分析(スウォット分析):フレームワーク

ビジネス

SWOT分析は何か明確な目標や課題を設けた上で実施すると効果がでる課題解決法です。

特徴的なのは【内部的要因(自分がどうにかできる要因)】と【外部的要因(自分にはどうすることもできない要因)】に分類することで要因を可視化できることです。
※言葉だけだとややこしいですが図で見ればすぐわかります。

掲げた目標や課題に対する現状分析も行うことになるので、比較的使いやすいフレームワークです。

SWOTとは?

  • Strength:強み:他社より優れている点
  • Weakness:弱み:他社より劣っている点
  • Opportunity:機会:追い風のなる市場環境
  • Threat:脅威:向かい風となる市場環境

の頭文字から名付けられています。図で表すと下図のようになります。

すでに気づいた方もいると思いますが、ここまでの作業は空雨傘の「空」の現状把握に相当します。

SWOTの「雨」としての活用法

SWOTの図だけでは現状把握しただけになってしまいます。

課題解決するためには「雨」としての解釈と「傘」としての施行が必要です。

例えば「雨」の解釈として、先に挙げた図から以下のような解釈を行います。

この時、4つのカテゴリから要因を組み合わせることによって「雨」の解釈を広めることができます。

わかりやすくするためもう一度同じ図にも出てきてもらいます。

  1. 業界が注目を集め市場拡大したが、自社は新規顧客獲得できていないので競合他社のシェア争いには不利だ。(Oppotunity, Weakness)
  2. 新企業が業界に入り多様化した。リピータの顧客も流出の恐れがある。(Threat, Strength)
  3. 自社の独自サービスは業界内でも強み。コストで勝てない商品ではなく、このサービスを競合他社に得る戦法もありかも。(Strength, Weakness)

この解釈例では以下のような以下のような特徴があります。

  • 1,2ではPositive要因とNegative要因から新たな懸念の解釈をしています。
  • 3ではPositive要因とNegative要因から新しいビジネスモデルが浮かび上がりました。

こうした現状把握、解釈を重ね、あとは「傘」として施行となります。

空雨傘が問題解決の概念なら、SWOTは手法

空雨傘は基本的フレームワークというだけあって、現状把握→解釈→施行、と課題解決の基本的プロセスについて記載しています。

一方で、どのように現状把握、解釈を行うか?という点で助けてくれるのがSWOTです。

SWOTは内部的要因、外部的要因、Positive要因、Negative要因と分類した要因から現状把握ができます。

また、要因を組み合わせることで「雨」としての解釈を助けることができます。

このようにフレームワークは組み合わせて使用する使い方もあります。

むしろ特定のフレームワーク単体だけで分析したり、課題解決することはあまりない気がします。
(無意識に他のフレームワークと組み合わせて使っていたり)

基本のフレームワークと応用のワークフレームとの体型図なんてのもありそうですね。もっと勉強を重ねたらやってみたいと思います。

ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします↓


ビジネススキルランキング
タイトルとURLをコピーしました