パレートの法則(80:20ルール):フレームワーク

ビジネス

パレートの法則あるいは、80:20ルール(エイティトゥエンティルール)とも呼ばれます。

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート氏が発見した法則です。

概略としては【20%が全体をほとんど(80%)占めている】と言った意味合いで使われます。

つまり、特定の要因・要素(20%)が、その全体(例えば売上)を支配的に占めている、という意味です。

超ザックリで言えば【色々あるけど2割が主力】ってことです。

よく働くアリは2割だけ

アリ(蟻)は、よく働くアリは全体の2割しかいないそうです。

でも、この2割のよく働く2割のアリのお陰で巣に必要な8割の食糧を集めてくるそうです。

こういった背景から「働きアリの法則」とも呼ばれます。

会社に置き換えてみたら面白いですよね。

2割の主力社員が会社の営業利益8割の成果を持ってくるということです。(実際に会社でもそうなのかはわかりませんが)

その2割の成果を見れば全体の8割が分かる。

難しい言い方をしていたかもしれませんが【主力は2割で、成果ほとんどが主力部隊の成果】ってことです。残り8割は何してるんでしょうね〜ということです。

で、着眼点は【成果の8割が主力2割の成果であれば、主力だけ見れば概ね全体把握できるんじゃね?】ってことです。

例えば色々な製品を売っている会社の売り上げも、主力製品2割の売上をみるだけでその会社の8割がわかってしまう、ということです。

確かに【主力を把握しておけばその会社のこと大体分かるよね】っていう意味では納得です。

2割だ8割だという数字にこだわるより【特徴的な要因が、全体を支配的に占めている】という感じで理解していればOKだと思います。

2割で全体把握できるなら5倍速で仕事ができる!?(それ本当?)

100%を知らなくても20%の主力を把握していれば概ね全体把握できたことになる。なら、5倍速で仕事できるじゃん!!!

、、、ていう話をWebでもビジネス本でも見かけました。

【効率的に仕事ができる】という意味では共感できますが、本気で最大5倍速だという話であれば「それ、本当?」って経験的に思います。

理由は単純。

あなたはアリを見て、それが【よく働く2割のアリ】なのか【働かない8割のアリ】なのか見分けがつくのですか?

無作為抽出した2割を見れば全体が分かるというものではありません。

【これが競合代社の主力製品2割だ!】の主力であることを見抜くのが大変なわけです。

そのため【80:20で効率的にな作業ができたとしても、”5倍速”ということはあり得ない】というのが私の見解です。

8割を見れば主力の2割が大体わかる。

売上を例にすれば、8割の売上を占めているものはなんなのか?を見れば主力製品2割が大体分かるという、逆説的な話です。

でも実際は8割も要らない気がしています。

経験的には5割も見れば【突出した特徴を出している要因】にぶつかるもんです。

多少正確性には欠ける分析としても【突出した要因】にぶつかればその周辺の要因が主力ということがわかります。

【限られた時間・情報の中で判断をしなければならない】という時は便利な考え方です。

まとめ:特徴が大半を締めるということ。

小さい時、メガネをしているというだけで「おいメガネ!」と呼んだり呼ばれたりしてませんでした?

似たような話だと思っています。

その人・会社を特徴付ける一部(2割)があって、その一部がその人・会社のアイデンティティーになっているということです。

つまり「特徴はなんなのか?」にいち早く気づくことが全体把握の近道です。

逆に「それは100%見切れてないじゃないか!!」という考え方は、スピード感のある対応には至らないということです。
※医療分野のようにスピードよりもより100%に近い正確性の方が重要視される場合もあります。

ブログランキング参加中です。応援お願いします↓


ビジネススキルランキング
タイトルとURLをコピーしました