仕事の無茶振りをストレスなくかわす対処法

ビジネス

こんにちは、ちくわぶです。

私は20代後半でうつ病になったのですが、当時相当な無茶振りな仕事をさせられてました。

振り返ると私がやるべき作業と、相手が行うべき作業とで課題の分離ができてなかったからだと思います。

このブログでは私の実体験から【課題の分離が重要】ということと【仮日程を提示して一旦凌ぐ】という簡単な対処法で無茶振りをストレスなくかわす方法についてご紹介します。

無茶振りをしてくる人とは?

ここでいう無茶振りをしてくる人とは、自分より上の立場で現実的ではない日程や作業量の業務を振ってくる人のことです。

【無茶振りと呼ばれてしまうのは本来は相手側が対処すべき課題が未解決なままだからです。】

未解決のままこちらに業務を振ってしまうから無茶振りになってしまいます。

例えばその作業には必ず一定の予算が必要で、予算の権限は相手側が持っている。しかし、それを融通しないまま、作業だけは依頼してくるといった状況です。これでは課題の分離ができてません。

同等の立場の人からの無茶振りであれば、まだ突っぱねることができますが、自分の上司から言われてしまった場合はちょっと難しくなります。

無茶振りする人は状況整理ができていない

そもそも無茶振りするは自分が「無茶振りしている」という自覚がありません。

せいぜい「ちょっと大変だろうけど大丈夫だろう」程度です。

そう言い切れるのは、振りたい仕事は【相手にとっても達成したい仕事】だからです。

もし、振ろうとしている業務が現状では100%不可能だと理解していれば依頼しません。
100%不可能なのに「いいからやれ!」というのはパワハラかそれ以下の方ですので、話に付き合うだけ無駄です。さっさと逃げましょう。(内部告発するなり転職するなり)

そのため、状況整理してあげれば、問題点が作業依頼の前段階(例えばリソース不足)にあることを理解してもらえ【課題の分離】ができます。

例えば、以下の様な作業が状況整理させるための方法です。

  • 作業内容・作業不可のリスト化
  • 必要費用の見積もり
  • 必要工数の見積もり

ただ、こうした資料をサクッと作成できるのであれば良いのですが、作成するのに時間もかかります。

つまり、そもそも【相手に状況整理してもらう行為自体が一つの難問】です。

対処法:仮日程を提示して一旦凌ぐ

この対処法は非常に簡単です。

例えば以下のように言うだけです。

「非常に難しいと思いますが、とりあえず着手して1週間後に再度相談させてください。」

この言い方だと仕事を正式には引き受けておらず「試しに1週間作業してみますね」と言っているだけです。

これにより作業着手時点とその1週間後に6つの良いことが起こります。

作業着手時点

1:作業着手されるので相手は一旦安心する。
2:こちらは相手に状況整理させる準備時間を1週間確保できる。
3:1週間後に再交渉する機会を得られる。

1週間後

4:状況整理した資料をもって再交渉ができる。
5:状況整理させられた相手側は逆に対策を考える必要が出てくる。
6:1週間の進捗が思わしくないと実績で示せる。

もう少し補足します。

・1は相手の心理を逆手にとった方法です。
相手からすると依頼したい作業を最初から無理と言われると感情的になってしまう恐れがあります。作業内容が現実的でない理由を簡単に伝えられない状況であれば「お試し」として一旦引き受けたように見せる方が相手も冷静に会話できます。

・3は非常に有利なメリットです。
無茶振りを一旦受けたように見せかけて1週間後に準備を整えて再交渉ができるからです。

・5は【課題の分離】ができた状態です。
相手は自分が依頼しようとした作業はまだ準備不足であったことがわかった状態です。

・6は強力な一打になります。
相手側からすると、自分の依頼がうまくいっていないことを実績ベースで見せられるからです。また、うまくいかない理由は5で自分の準備不足が原因と突きつけられたことになります。かといって、こちらは「お試し」で作業していただけですので、さぼっていた等、不誠実なことをしていない限り咎められる理由もありません。
強力な一打である分、相手を否定するために実績を話すのではなく、状況整理のためにあるがままの事実を伝えるのが目的であることを忘れないようにしましょう。

それでも何か言われたとしても「最初からこの件は難しいとお伝えしたじゃないですか」と言うことができます。

これであれば課題の分離ができており、こちらは作業に必要なリソースを提案できますし、状況整理できた相手も無茶振りから脱却できます。

1週間後、実は作業が上手くいっていた場合。

ちょっと自分に見立てが厳しすぎたというだけで何もありません。

相手も作業が上手く進捗しているのであれば文句言う必要もありません。

【課題の分離】についてはアドラー心理学に出てきます。

下記のサイトでアドラー心理学の”嫌われる勇気”を読んだ感想考察を記載してますのでよかったら見てください。
嫌われる勇気, 幸せになる勇気:アドラーに触れて

ブログランキング参加中です。応援お願いします↓


ビジネススキルランキング
タイトルとURLをコピーしました